フランスカジノと聞いて驚いたかたもいるかとおもいます。
オシャレで花の都とまで評されるこの国にもカジノは存在しているのです。

オシャレと博打はかけ離れている
イメージがありますのでまさか
フランスにカジノがあるなんて予想だにしていない方が多いとおもいます。

なぜフランスカジノが存在しているのかといいますと
ルイ15世が王の時代にカジノができた見られています。
元はカジノのようなギャンブルは上流階級や貴族の嗜みや
遊びに使われていたようです。

それを見た中流階級の市民が面白そうだと
初めて広がったのだといわれています。
競馬なんてまさに貴族の遊びですからね。

それにフランスは昔、王政になっていました。
しかしそれが革命によって民主制になったために
カジノはだれもが楽しめるものになりました。

政府はギャンブルが大きくなりすぎないように
法律で縛り、うまく国の収益が出るようにコントロールして
今のような形になっています。

フランスカジノも国益の立派な一部なのですね。