アジアカジノ:韓国編
韓国カジノも人気が高いです!
韓国はお隣ですから簡単に行くことができますし
焼肉なども本場ですからいろいろと楽しむことができますね。

最近では政治状況がわるくなってきていますので
韓国カジノに行く日本人の数が減ってきているようなのですが
それでもたくさんの日本人が韓国カジノを訪れています。

韓国カジノ

日本での韓国に対するイメージとしては
KARAなどのグループやイケメン俳優たちが
きているためエンタメ的な事が人気あるのかな?
とおもいますが実は韓国は立派なカジノ大国なのです。

韓国カジノと検索すると非常にたくさんの情報を入手することができます。
それにかずも多くて品質も上質ですしサービスもすばらしいものが
たくさんありますので一回は行ってみたい韓国カジノですね。

韓国カジノに訪れる日本人の大半がカジノ初心者らしいです。
実は韓国カジノは初めてカジノを体験するにはとてもいいところなのです。

まず第一にウォンが圧倒的に安いということですね。
韓国カジノで遊び倒せる予算が15万ウォンといわれています。
一瞬高いなとおもいますが円で換算すると一万円ちょいくらいです。

ウォン

パチスロや競馬に行ったことがある人はわかるとおもいますが
こんな低予算でずっと遊べるのはなかなかないことなのです。
なので初めてカジノのギャンブルをやったという人でも
ルールを把握できなくてボロ負けでしてもおこずかいちょっとくらいで
存分に楽しむことができますので初心者の日本人が来る人がおおいのですめ。

それに日本語を話すことが出来るスタッフやディーラーが
たくさんいてくれていることも大きあ理由になっていますね。

韓国カジノの評判はどこのサイトを見ても
非常にいい評判がおおいのです。
とくにホテルの人気が高いですね。

ホテルの地下にカジノがあることがおおいですのでホテル選びは大切なのです。

ラスベガスなどの超有名なカジノにくのもいいですが
韓国カジノのように近くてサービスもいいのはなかなかありません。


アジアカジノ:マカオ編

マカオのカジノってとても有名ですよね。
世界に数ある程ありますがその中でも知名度が
とても高いですよね。

マカオ

ですが意外とマカオカジノは最近出来たばかりなのです。
ポルトガルに支配されていた期間はなんと100年以上もありました。
そして中国に返還さたれてからはマカオ特別行政区になりました。

そして何年か経ってからカジノ事業がはじまりました。
その時に白羽の矢が立ったのがマカオだったのです。
事業案が通って実現したのはなんと13年前なのです。

結構最近ですよね。
ですがアジアのラスベガスとまで評されるまでに進化しました。
ラスベガスと言われるようにマカオには20種類以上のカジノホテルが
存在していまして、どれも最高級レベルになっています。

日本人の客が多いのですが
それ以上にも外国人が殺到しています。
それだけに近くのお店も観光に特化しており、
世界でも有数の観光名所になっています。

それにマカオカジノのホテルではディナーショーなどが
毎日のように開催されていますし、マカオには世界遺産認定されている
ものが豊富にありますのでカジに興味がない方やカジノで負けてしまって
落ち込んでいるかたでも思いっきり頼むことができるようになっています。

なのでおすすめのマカオの回り方としては
朝から夕方にかけては世界遺産の観光や食事を楽しむ。
夜になってからは世界でも認められているカジノへ繰り出して
日本では楽しめない非日常を楽しむ。
というのが私のおすすめのマカオカジノの回り方ですね。

マカオカジノなかで一番の人気を誇るのがベネチアンです。
このカジノのホテルの近くには遺産やせなど広場などの普通に
観光にしに来た人たちが確実に見に来るであろうものが
集まっていますので常にツアーの客がいたりしうます。

ベネチアン

ベネチアンカジノも一番の人気があるということで
近くに来た人たちがあつまってきたりするので
いつもぎゅうぎゅうに人が込み合っている状態ですね。笑


アジアカジノ:マレーシア編
東南アジアにある島国。
その中のマレー半島とボルチオ半島で
マレーシアは出来上がっています。

熱帯にある国ですので鬱蒼としたジャングルがあります。
ですがそれとは反対に世界で一番すばらしいと言われている
とても美しい砂浜が一望できるリゾートホテルや高原地帯を擁しています。
マレーシア
更には世界遺産のマラッカ、自然に囲まれた町や
リゾートホテルなどなどすばらしいものが目白押しになっています。

過去に植民地となったこの国の時代の
跡が残っていて過去を勉強するのに最適な
港町や、反対に近代技術がふんだんに利用されていて、
それだけではなくてマレーシアの自然を融合した見事な
マレーシアの首都もありますので虫が嫌だという方でも
安心してマレーシアに観光することができます。

このようなすばらしい国に来たら
観光だけでは物足りなくなってしまいますよね?
そのようなときはマレーシアカジノにいってみませんか?

東南アジアにもカジノはあるのです!
ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの
日本人好みのギャンブルがマレーシアカジノには
そろっていますので行く価値あります。

この国の情報をすこし知っておきましょう。
マレーシア2
マレーシアは熱帯にある国ですので雨季が存在します。
雨のなかで観光したくないという方は雨季は場所によって
変わってきますのでキチンと調べてからの観光にしましょう。

あと一番気になると思うのが治安だとおもいます。
治安国家である日本と比べてしまうとどうしても治安が
悪くなってきてしまいます。

ですが東南アジアの中では一番の治安の良さです。
なのですがスリや置き引きの被害にあう日本人が
後をたたないようですね。

大使館でも対策を取っているようですが決めてはないようです。
詐欺もあり、一番多いのがブラックジャック詐欺です。
日本人であるというだけで狙われますので警戒して行動しましょう。

あと飲み水は基本的にはありません。
というのも水道水はそのまま飲めないからです。
一回煮沸すれば飲めますので日本感覚で水道水を
がぶ飲みしてしまってはいけませんよ!


アジアカジノ:シンガポール編
シンガポールはたくさんの人種が集まっています。
そのことからアジアの十字路とよばれています。
シンガポールにはもとから居たマレーシア系や中国人
がいたのですが植民地になってから奴隷として連れてこらた
インド人やアラブ人が来て、それからイギリス人などの西欧人種までが
くるようになってきましたのでとてもたくさんの人間がいます。

現代でもたくさんの人種がシンガポールをい訪れています。
その理由はなんといってもシンガポールカジノです。
シンガポールカジノ
ニュースでも大きく取り上げられたりしていますので
カジノに興味がない日本人でも知っているかもしれませんね。

カジノをしたい人間が集まってくるのには地理的な理由もあります。
シンガポールカ周辺の地域にはカジノがない国が集まっているからなのです。
日本もその一部ですね。

それにあんなに立派なホテルやカジノあってはいきたくなりますよね。
なかでも一番人気なのはマリーナベイサンズです。

ビルが三つ並んだその上に巨大な船がのっかているような
特徴的なその姿がめをひきますよね。

マリーナベイサンズ

こうしてたくさんの人種が集まってくるので
たくさんの文化が混ざり合って独自の文化がうまれてくることですね。
食事やアートだけでなく音楽もいままで聞いた事ないようなものが
都市のそこらじゅうにありますのでただ町をあるいているだけでも
たのしくなってきてしまいます。

実はシンガポールのカジノは出来てまだ数年仕方っていないのです。
このカジノは新しい娯楽として作り出されたのですが
これが大ヒットしたのです!!

最近できたんなら期待できないか?
と思われるかもしれませんがこれが
逆にいいのです。

最新技術をとりいれた最新鋭の一級品ホテルにとまることができますし
カジノのホールもとてもおしゃれです。

さらに驚くことにカジノ事業だけで
数兆円もの利益を生んでいるようです!
しかもシンガポールカジノにあるカジノはなんと二つだけなのです!

リゾートワールドセントーサとマリーナベイサンズですね。

この二つだけで世界有数のカジノになったのですからすごいでですね。
カジノすきなら一度は行かないといけない国ですね。


アジアカジノ:フィリピン編

フィリピンは太平洋にある7000個もの小島からなる島国です。
リゾート地としても名高く、リゾート地の名に恥じないすばらしい環境です。
さんさんと輝く太陽によって育てられた色とりどりの花に
海には多種多様な魚に青いサンゴ礁が所狭しとあって私たちを歓迎してくれます。

そしてアジアの特徴とも言うべき、
力溢れる賑やかな雑踏が止まらない
近代的な建築でありながら暖かい都市マニラ。

マニラ

もちろんこのフィリピンにもカジノがあります。
それにマニラには立派なホテルがあります。

コンプやVIPルームもあったりと
とても本格的でヘビーなプレイヤーでも
存分に楽しむことができるようになっています。

カジノのルールも単純明快で世界のカジノのルールに準じています。

さらにマニラにあるホテルには世界各国から
外資が集まっていまいますのでゲームの種類が
とんでもないくらいに多くあります。

中でもフィリピンで一番の人気があるのは
ポンツーンになっていまして常にテーブルには
多くの人間が集まっています。
ポンツーン
一番の人気がありますので
フィリピン独自のルールも出来上がってきてしまっています笑
自由でいいですね。

なお、その独自のルールとは
なんと常にカードがオープンになっています。
それにダブルダウンもできるようになっていますので
とてもプレイヤーに有利になっています。

フィリピンのカジノは国内に何箇所もあります。
その全てが政府がきっちりと管理していますので
なにも疑わなくても大丈夫です。

フィリピンカジノでは他のカジノにはない、
とてもアットホームなカジノであることで有名です。
普通のカジノでは豪華絢爛で格式高いところであるのですが
このフィリピンカジノでは国柄も反映してかとてもアットホームな
空間で常に笑い声に包まれてます。

格式張ったカジノにつかれてきたら
フィリピンカジノでまったりと
するのもいいかもしれませんね。

それにフィリピンカジノのカジノライセンスは
とても厳しいですのでイカサマや違法行動は
絶対にありませんので安心してプレイできます。